セキュリティネットワークトップページ

GAP農業生産工程の管理手法(適正農業規範)


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

GAPとは、Good Agricultural Practice の略称で、 農業生産現場において、食品の安全確保などへ向けた適切な農業生産を実施するための 管理のポイントを整理し、それを実践・記録する取組です。 適正農業規範。

GAP手法(Good Agricultural Practice)とは、農業者自らが、
(1)農作業の点検項目を決定し、
(2)点検項目に従い農作業を行い、記録し、
(3)記録を点検・評価し、改善点を見出し、
(4)次回の作付けに活用する
という一連の「農業生産工程の管理手法」(プロセスチェック手法)のことです。

GAP手法(農業生産工程管理手法)は、農産物の安全確保のみならず、 環境保全、農産物の品質の向上、労働安全の確保等に有効な手法であり、 このような生産工程の管理手法を我が国の多くの産地・農業者が取り入れ、 自らの営農・生産条件や実力に応じて取り組むことが、 安全な農産物の安定的な供給、環境保全、農業経営の改善・効率化の実現につながるものです。

また、生産された農産物の安全性や品質の確保等について 消費者・食品事業者等の信頼を確保する上でも有効な手法となります。

農林水産庁のホームページより引用

GAP手法に関する情報-農林水産庁




生産履歴、トレーサビリティのショッピング
生産履歴、トレーサビリティのショッピング









監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved