トップページへリンク

一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス


事務所荒らし、店舗荒らしにあったら?
防犯グッズ
ホームセキュリティ
監視カメラ
マグネットセンサー、開閉センサー
赤外線センサー
警備の比較
自主機械警備システム
非常ボタン、緊急通報装置
ポケットベル
防犯体験談
火災報知器
警報機
自動通報器
高齢者世帯向け安否確認システム
パトランプ、回転灯
Webカメラ
金庫
画像転送
カラーボール
防犯スプレー
防刃チョッキ
警備保障
ガラスのセキュリティ
消火器


セキュリティネットワーク
住宅の防犯グッズ
事務所や店舗の防犯グッズ
監視カメラ、録画装置
鍵のショッピング
車と船舶の防犯盗難防止装置
バイクの盗難防止装置
防災グッズ
労働災害防止装置
工場や店舗、住宅の無線呼びだし装置





犯罪被害者の権利リンク集


【犯罪被害者の権利と対策、対処法】


訴訟上の諸権利
被害者には、前述の告訴権(刑事訴訟法230条)に加え、以下の権利がある。
公判手続の傍聴申出権(犯罪被害者等の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律2条)
公判記録の閲覧及び謄写申出権(同法3条)
意見陳述申出権(刑事訴訟法292条の2)
なお、これらに関わる検察官の判断(不起訴の判断を含む)の理由についても、被害者はその通知・告知を受ける権利がある。

被害者の承諾
なお、刑法上、被害者の承諾があることによって、犯罪とはならなくなるものがある。
たとえば、医師による手術行為は外形上傷害罪の構成要件に該当するが、 被害者の同意がある場合には、傷害罪となることはない (事例によっては推定的同意が認められるかどうか問題になる)。
殺人罪も、被害者の同意があると成立しないが、一方で同意殺人罪が成立する。 13歳未満に対する強姦罪や強制わいせつ罪は、被害者の承諾があっても犯罪の成否に影響しない。 なお、判例は保険金詐欺や指つめなどの事例について傷害罪の成立が問題となったケースで 、法益の侵害について被害者の同意があるにも関わらず、 傷害罪の成立を肯定した。刑法学上の議論の詳細は被害者の承諾や社会的相当性の項目を参照。 また、被害者の承諾があるのにないと誤信した場合、未遂罪として処罰されることもありうる。(無差別殺人を行ったが、被害者本人が殺されることに同意していた場合等)

損害賠償請求権
民法上の不法行為(709条)の成立要件を満たす場合や、 加害者の行為が債務不履行に該当する場合は、それぞれ損害賠償請求権が被害者に成立する。 ただ、これらは金銭賠償が原則であり、かつ加害者側の資力に依存するものなので、被害の性質や多寡によっては十分でないことが多い。

被害者の経済的救済
被害者の経済的救済として、犯罪被害者等給付金の支給等による犯罪被害者等の支援に関する法律に基づく、犯罪被害者等給付金が支給される。条件は以下のとおりであるが、ケースバイケースというのが実情である。現在、遺族給付金で最高1,573万円、障害給付金で最高1,849.2万円が支給される。もっとも、労災などの公的給付や損害賠償を受け取った場合は、受け取った価額の限度で減額される場合があり、実際の支給額はこれより更に下回るのが通常で遺族給付金の平均受給額は約400万円程度である。

引用:ウイキペディア


海外犯罪-遺族ら支援 弔慰金200万円、支給法が成立

賃貸アパートのガラスが壊されました、回復義務は?
女子更衣室での盗難被害
消費者金融でいきなり調整中(ブラックリスト)?といわれました。
とにかく、被害に遭ったら!
ATMから通帳を抜き取るのを忘れてしまいました。
窓を修理して1ヶ月、また窓を破られてしまいました。
マンションの自室の鍵が業者に出回っている?

防犯にかかわる体験談をピックアップ


居住地や勤務先などの個人情報35歳まで情報提供約束
-少年6人殺傷の民事和解

女性暴行事件などの書類を倉庫に放置し時効成立?-埼玉県警

犯罪被害者の権利 -Yahoo!国内トピックス
全国犯罪被害者の会
警察による犯罪被害者支援のページ
国の制度-犯罪被害者給付金
被害者等通知制度
少年犯罪被害当事者の会のホームページ
性暴力情報センター
法務省
犯罪被害救援基金
援助・救済制度



警備サービス(機械警備)の機能と比較、警備料の要らない自主機械警備システムとの比較とコスト削減
警備会社のサービスの内容と比較、契約する際の選ぶポイント。
コスト削減。 警備料の要らない自主機械警備システムとの比較。



(C)Copyright securitynet.jp All rights reserved

.