放火されにくい環境作り


家のまわりは整理整頓
ゴミは収集日の朝に出す
物置、車庫に鍵をかける
ポストに郵便物を溜め込まない
バイクや自転車などを外に放置しない


建物への放火

放火された事例では、建物外周部、倉庫、物置、共同住宅の正面玄関ホール、 階段室や廊下などのの共用部分など、侵入しやすい場所や人気のない暗がりの場所への放火が目立ちます。 建物の施錠管理をしっかりと行うことと、照明を増やすことで暗がりをなくすことが 放火しにくくする一番の方法です。

外に紙クズや段ボール箱など燃えやすいものを置かない
物置などの物品保管場所には鍵をかける
建物の外周部(扉、門扉)の補修する


共同住宅の場合
共用部(廊下、階段など)に新聞や雑誌などの不要品が置かれてないか?
共用部分の整理整頓されているか?
出入りする者をチェックする方策がなされているか?(カメラ、管理人室)
消化器などの消火用具が完備されているか?メンテがなされているか?
空屋、物置、車庫、駐輪場などの施錠は行われているか?


夜間にゴミ捨て場のゴミや放置された新聞、雑誌に放火されるケースがよく見られます。 夜間にゴミを放置しないなどゴミ集積場所の環境づくりを地域ぐるみで実施し、 住民一人ひとりのモラルの高揚を図ることも必要です。

引用:時事通信:2005/9/27


セキュリティネットトップ頁


本格派セキュリティシステム
BBeeL3dセット

防犯セキュリティ
富山県の観光グルメ

防犯モバイル
取り寄せグルメ
富山県の観光グルメ

PC版
防犯
セキュリティ
富山県
ホームセキュリティ
,