防犯カメラの種類の比較、選び方

防犯カメラの種類の比較、選び方

なかなか手の届きにくくなった防犯カメラも、かなりお安く、求めやすくなってきました。 専用の録画装置もお安くなっています。

設置場所

家庭の玄関、会社の勝手口、通用口
強盗や痴漢、ストーカー対策に。会社やお店の通用口は目立たない、薄暗い場所が多いものです。 暗がりは照明を設置すると同時に監視カメラの導入を検討するのもいい手だと思います。

住宅
正面玄関や勝手口、車庫、蔵など。空き巣犯への威嚇。来客者や不特定のセールス、勧誘などを家の中から確認できます。

マンション
昼間、管理人が常駐していても全館に目を行き届かせるのはたいへんです。 セキュリティが普及してきたマンションでも、廊下や非常階段、駐車場、郵便ポストの周辺など死角は意外に多いです。



【スタンダード型防犯カメラ 】
お店の内部、事務所の中、 コンビニエンスストア、スーパー、デパート、ドラッグストアなどの万引き、強盗、悪戯対策に。

事故があった場合に画像を保存して証拠になると同時に、設置する事自体、威嚇効果は抜群です。
一般家庭でも、防犯対策用に導入されることが多くなってきました。
小型防犯カメラ
小型防犯カメラ


【暗視カメラ】
暗い場所を撮影することができるカメラ。高感度CCDを搭載したものや、 赤外線投光器を搭載したものがあります。

通常のカメラでは、暗くて撮影できないような暗い場所でも撮影することができます。 街灯が少ない場所、通用口、駐車場などに。
昼間も撮影できます。

監視区域に広さに応じてカメラをお選びください。

中型赤外線監視カメラ



夜間の撮影例


【ワイヤレスタイプ防犯カメラ】
普通ケーブルで伝送するカメラの映像信号を、無線で受信機に送信するタイプ。 映像用のケーブルが不要なため、 配線工事の手間が省け、設置が格段に容易になります。
ただし電波が到達できる環境が必要で 障害物などによって設置できる場所に制限がでてきます。

ご注意
画像が第三者にも閲覧されてしまう可能性があるので、監視エリアや設置場所には十分ご注意が必要です。


【デジタルビデオレコーダー(DVR)】

デジタル録画。ビデオテープを使わないので面倒なテープ交換が不要です。 (記録媒体-パソコンのハードディスクのようなもの)

摩耗部分がないので長年使い込んでも画像が劣化しません。 画像の詳細度、画像を保存するサイクル(基本的にコマ送り-静止画) を自分で設定、変更することで画像の保存時間を変更する事も可能。

一般の家庭用DVRと違い
記録する画像のクオリティ(高画質、中画質、低画質など) 画像を保存するサイクル(1秒間に何枚画像を記録するかの設定=フレーム) を自分で設定、変更するができます。

それによって、画像の保存可能時間を変更する事も可能です。

スケジュール管理
スケジュール録画
週間単位で設定できる機種が一般的です。

画像品質の選択

上書きon/off機能
ハードディスクが一杯になった場合、常に一番過去の記録映像を消去しながら最新データの上書き記録を行うことが可能です。 offにすると、いっぱいになった時点で録画をストップします。


4チャンネル用デジタルビデオレコーダー


DVRは、録画する画質を選ぶことができます。
画質が高いとハードディスクの消費は多くなります。 画質が低いとハードディスクの消費は少なくなります。 1秒間に録画するコマ数が少ないとハードディスクの消費は少なくなります。
また、カメラの台数が多いと、ハードディスクの消費は多くなります。


DVRは、 録画画質のクオリティ、1秒間に録画するコマ数、カメラの台数、 記録媒体容量で録画可能時間が決まります。
監視場所によりますが、1秒間に2コマ以上の録画をおすすめします。


【タイムラプスビデオ】
監視システムには長時間録画市販の120分テープなど使いながら、撮影間隔を伸ばして長時間録画可能にした防犯カメラ専用のビデオ。

家庭用のビデオテープレコーダーと違い、 時間を細かく区切って完結的に画像(静止画)を記録し、長時間録画を可能にする防犯カメラ専用のビデオレコーダーです。

120分テープを使って何時間分の録画するかを簡単設定できます。 それにより1秒間に何枚静止画を記録するかを設定変更できます。 市販のビデオレコーダーと操作感はほとんど変わらないので、導入のしやすさが特徴。



【メモリーカード記録型カメラ】
本体内蔵のメモリーカードへ直接画像を記録保存していくタイプです。 防犯カメラ用DVRが必要ありませんので、導入が簡単です。
録画可能枚数はメモリーの容量や撮影される映像の種類により変わります。 再生は一般家庭のテレビにケーブルで接続して行います。

また、常時テレビにつないで現在の映像の確認が出来ます。 基本的にはデジタルカメラですので、コマ送りになるなど制限がありますが、 大がかりなシステムが必要なく低コストで導入できる商品です。

市販のメモリーカードを使うので、 画像の保存やカードの交換が簡単です。

1GBメモリ内蔵カメラ



【画像転送型カメラ】
遠隔地に設置したカメラが映す映像をインターネットを介してパソコンや 携帯電話で見ることができます。
中にはパソコンや携帯電話からカメラの視点を左右上下に遠隔操作できる機種、 ズーム機能のある機種、 カメラにセンサーをセットして泥棒などの異常事態発生時に携帯電話に 緊急メールを送る機種などがあります。

屋内用小型カメラ、屋外用赤外線カメラ、赤外線カメラ、録画用DVRのご紹介



パソコン版
防犯カメラの種類と機能、選び方のポイント


BBeeホームセキュリティ
月々の経費の要らない本格派、BBeeホームセキュリティ(自主機械警備システム)

トップ頁へ


PC版
防犯
セキュリティ
ホームセキュリティ