サムターン回し

マンションなどの扉のカギ穴の横に小さな穴を開け、金属棒を差し込むなどして扉を開けるサムターン回しによる空き巣被害が今年に入って全国で急増している。

『サムターン回し』はカギ穴の横にドリルで直径1〜1.5センチの穴を 開けて針金のような棒を通すなどして、 内側のカギのつまみ(サムターン)を回して開ける手口。

被害は中高層マンションに集中し、大きな音がしないよう 手動ドリルを使うケースが多いとみられる。

大阪市のマンション被害では、 犯行の発覚を遅らせるため開けた穴にシールが張られていた。


防犯、安全対策のヒント集-セキュリティネットトップ頁

防犯セキュリティ


,

,