手形盗難

盗難手形に暴力団が組織的に絡んだトラブルが増えているようです。 詳しくは法律のプロに相談してください。

振出人が取引銀行に対し支払の停止を依頼する、さらに事故届けを提出することが必要です。

警察への届出をします。

喪失した手形の効力を消滅させるために、手形の支払地を管轄する簡易裁判所に対し 「公示催告の申立」を行います。 公示催告をする場合、警察からの証明書が必要。

公示催告中に手形の権利を届けた者があるときは裁判によって正当な権利者を決定します。 届け出た人がいない時は、「除権判決」が言い渡され、 これにより喪失した手形を無効にすると共に、その手形の喪失者は、 手形がなくても支払人から支払を受けることができるようになります。


詳しくはわかりませんが、手形が盗まれた場合、法的にはこのような感じで処理が行われるようです。 手形は盗まれた後、町の金融業者に持ち込まれたり、裏書きが入ったりすると 取り戻すのが非常に面倒になります。
もしもの際は法律のプロに相談してください。


防犯、安全対策のヒント集-セキュリティネットトップ頁


BBeeホームセキュリティ

防犯グッズ、ホームセキュリティ、防犯カメラ
安全対策モバイル

防犯セキュリティ

防犯対策モバイル

PC版
防犯対策
セキュリティネットワーク
防犯グッズと防犯カメラ
,