セキュリティネットワークトップページ

アスベスト被害の関連リンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

石綿(いしわた、せきめん、英語: asbestos(アスベストス)、オランダ語: asbest(アスベスト))は、蛇紋石や角閃石が繊維状に変形した天然の鉱石のこと。蛇紋石系(クリソタイル)と角閃石系(クロシドライト、アモサイトなど)に大別される。

法的規制
日本では1975年9月に吹き付けアスベストの使用が禁止された。 また、2004年に石綿を1%以上含む製品の出荷が原則禁止、 2006年には同基準が0.1%以上へと改定されている。
個人でも、1960年代まで製造されていた電気火鉢の石綿灰を廃棄する際には注意が必要である。 なお、労働者の石綿暴露防止の法規制は、2005年に石綿障害予防規則が新設・施行され、 特定化学物質等障害予防規則(当時)から分離された。

現在は、一部(下のポジティブリストの項目参照)の適用除外を除き、 一切の製造・輸入・使用・譲渡・提供が禁止されている。 ただし、試験研究のため等一定の要件に該当するときはこの限りでなく、 無害化・飛散防止・含有検査技術の研究までも禁止されないよう配慮されている。 なお、石綿含有建築物の保有者から解体業者、解体業者から廃棄物処理業者への受け渡しは、上記の禁止規定の適用はない。
一方、現に使用されている物(例:建材として建物に組み込まれている状態)は、 引き続き使用されている間、製造等の禁止の規定は適用されない。 現に使用されている物の規制としては、石綿障害予防規則により、 労働者を就業させる建築物の壁等に吹き付けられた石綿等が損傷等により その粉じんを発散させる等のときは除去等の措置が義務づけられている他、 建築基準法により、増改築時における除去等が義務づけられている。
建築物の解体時・石綿の廃棄時の規制は、解体業者や廃棄業者の労働者の暴露防止対策として 労働安全衛生法に基づく石綿障害予防規則、解体時の一般大気環境への飛散防止対策として大気汚染防止法に基づく措置、 廃棄時の無害化対策等として廃棄物処理法で特別管理産業廃棄物に指定され溶融処理等が、各々規定されている。

引用:ウイキペディア


石綿被害、建築指導などで中皮腫の自治体職員に公務労災
「石綿」労災認定増え1063人…2008年度
アスベスト労災、勤務先883事業所公表
石綿訴訟 元ホテル従業員側逆転勝訴 札幌高裁が賠償命令
建築物の解体等に係るアスベスト飛散防止対策マニュア-東京都環境局

アスベスト、2300万円賠償で和解、肺がん死遺族と建材など3社
アスベスト、工場周辺の被害者が新法で初の救済認定
塵肺訴訟 住友重機に賠償命令 横浜地裁支部「安全義務すべて違反」
石綿被害で集団提訴、パイプ工場元従業員ら11億円請求
アスベスト禍、原発協力会社従業員 中皮腫死亡で労災申請
アスベスト問題の話題













Copyright securitynet.jp All rights reserved