セキュリティネットワークトップページ

紫外線関連リンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

紫外線は波長が10 - 400 nm、すなわち可視光線より短く軟X線より長い 不可視光線の電磁波である。 光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。

UV-A (波長315nm-380nm)
太陽光線の内5.6%通過。皮膚の真皮層に作用し蛋白質を変性させる。細胞の物質交代の進行に関係しており、細胞の機能を活性化させる。また、UV-Bによって生成されたメラニン色素を酸化させて褐色に変化させる。サンタン(suntan)。

UV-B (波長280nm-315nm)
太陽光線の内0.5%通過。表皮層に作用するが、色素細胞がメラニンを生成し防御反応を取る。これがいわゆる日焼けである。また UV-B には発癌性が指摘されるが発癌するのは高齢者、しかも肌の露出した部分のみというケースが多い。サンバーン(sunburn)。

UV-C (波長200nm-280nm)
オゾン層で守られている地表には今のところ到達しない。強い殺菌作用があり、 生体に対する破壊性が最も強い。

健康への影響
人間が、太陽の紫外線に長時間さらされると、皮膚、目、免疫系へ急性もしくは 慢性の疾患を引き起こす可能性がある。
大気で除去されるUVCは、過去ほとんど注意が払われていなかったが、 高エネルギーであるため、UVAやUVBよりはるかに危険である。

皮膚
UVA,UVB,UVCは皮膚を形成するコラーゲンの繊維にダメージを与え、皮膚の加齢を加速する。 一般に、UVAは危険性が一番小さいが、 皮膚の加齢、DNAへのダメージ、皮膚がんの可能性等に影響を及ぼす。 UVAは、日焼けを引き起こすことはないが、UVBより深く皮膚の中に浸透し、 SPFテストで測定することができない。
UVBは、皮膚がんを引き起こす。 生物のDNAは吸収スペクトルが250nm近辺に存在しており、紫外線が照射されると、 皮膚等の細胞中のDNAを構成する分子は励起される。 このDNA分子の励起は、DNA螺旋を構成する「はしご」を切り離し、 隣接する塩基で、チミン-チミン、シトシン-シトシン、 ウラシル-ウラシル等の二量体を形成する。 これの二量体は、通常生成することはなく、 DNA配列の混乱、複製の中断、ギャップの生成、複製のミスを発生させる。 これは、がん等の突然変異を引き起こす。 紫外線による突然変異は、バクテリアにおいて簡単に観察されることができる。 これは、地球環境問題でオゾンホールやオゾン層の破壊が懸念される理由の1つである。

紫外線照射に対する防御として、人間の体は茶色の色素のメラニンを分泌し、 日焼けすることにより、紫外線の平均レベル(人種により異なる)を下げようとする。 この色素は紫外線の侵入を阻害し、より深い部分の皮膚組織へのダメージを減らす。 また、市販の日焼け止めローション、クリームも紫外線の侵入を防ぐ。 これらの製品では、「SPF値」「PA」と呼ばれる紫外線防御効果が記載されている。


強度の強いUVBは目に対して危険で、紫外眼炎(電気性眼炎)や、 白内障、翼状片と瞼裂斑形成になる可能性がある。
保護メガネは、紫外線(特に短波長の紫外線)にさらされる環境で働く場合や、 その様な環境にいる場合には有効である。 保護メガネで覆われていない横から目に入る紫外線を防止するために、 高高度の登山家が使用するようなゴーグル状の完全に覆われた保護メガネを使用 したほうが曝露に対するリスクが減少する。
登山家は、大気による減衰が小さくなり、雪や氷による反射が存在することにより、 通常より高いレベルの紫外線にさらされるため、そのような完全に覆われた保護メガネを使用している。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


熱中症搬送 前の週に続き1万人超 死者この夏最多

紫外線対策グッズのショッピング





監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved