トップページへリンク

旅行の安全グッズ
感染症
カードの安全
クレジットカード
キャッシュカード
テロリズム
防災リンク
津波
損害保険
個人情報
郵便物、宅配便
バリアフリー、ユニバーサルデザイン
インデックス






【PTSD-心的外傷後ストレス障害】

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、 PTSD; Post-traumatic stress disorder)とは、心に加えられた衝撃的な傷が元となり、 後に様々なストレス障害を引き起こす疾患の事である。

心の傷は、心的外傷又はトラウマ (本来は単に外傷の意だが日本では心的外傷として使用される場合が殆どである)と呼ばれる。 トラウマには事故・災害時の急性トラウマと、 虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷がある。

地震、洪水、火事のような災害、 または事故、戦争といった人災や、テロ、監禁、虐待、強姦など犯罪による被害によって生じる。

以下の3つの症状が、PTSDと診断する為の基本的症状であり、 これらの症状が1ヶ月以上持続している場合にはPTSD、 1ヶ月未満の場合にはASD(急性ストレス障害)と診断する(DSM-4 TR)。
精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験 (フラッシュバック)

患者が強い衝撃を受けると、精神機能はショック状態に陥り、 パニックを起こす場合がある。 その為、その機能の一部を麻痺させる事で一時的に現状に適応させようとする。 その為、事件前後の記憶の想起の回避・忘却する傾向、 幸福感の喪失、感情の麻痺、物事に対する興味・関心の減退、 建設的な未来像の喪失などが見られる。 特に被虐待児には感情の麻痺などの症状が多く見られる。

精神の一部が麻痺したままでいると、精神統合性の問題から身体的、 心理的に異常信号が発せられる。その為、不安や頭痛・ 不眠・悪夢などの症状を引き起こす場合がある。

特に子供の場合客観的な知識がないため、映像や感覚が取り込まれ、 はっきり原因の分からない腹痛、頭痛、吐き気、悪夢が繰り返される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

原発避難でPTSD=元会社経営者ら東電提訴―京都地裁
PTSD、いじめで発症認定、賠償命じる。金沢地裁支部









(C)Copyright セキュリティネット.jp All rights reserved

.