セキュリティネットワークトップページ

冤罪事件関連リンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

冤罪事件関連リンク集

冤罪(えんざい)とは、無実であるのに犯罪者として扱われること。 無実の罪、ぬれぎぬともいう。 法的には、無実であるのに刑事事件で起訴され有罪判決が確定した場合をいう。 この場合には、その後の再審で無罪の判決が出た場合、 または、再審請求を行っているか審議中で起訴側の立証に疑問点が多いと主張される場合がある。
冤罪が生じてしまう原因は多々あるが、古くから問題とされてきたのは捜査機関をはじめとした 国家による冤罪である。捜査機関の行き過ぎた見込み捜査や政治的意図などからある人を 犯人と仕立て上げてしまう類型である。
日本での刑事訴訟法旧法に見られたような裁判における、自白は証拠の王、 と見做す考え方が真実の裏づけを後回しにした自白獲得のための取調べを招き、 虚偽自白を誘引することによって冤罪が発生する、とされる。
特に科学的捜査方法が確立する以前には捜査能力の限界から先入観をもった捜査に よる冤罪が発生する可能性が高かったが、それ以後も冤罪がなくなったわけではない。
現在でも 代用監獄 と呼ばれるシステムが公的に存在している。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


大阪高裁、窃盗罪の男女、逆転無罪判決
富山県警、冤罪再審の初公判わずか35分、取調官の証人尋問も却下、「裁判に絶望」と男性
<誤認逮捕>服役の男性は無実 無職男を再逮捕 富山県警
富山県警誤認逮捕の男性「身内が認めたと迫られ自白」
富山強姦えん罪、「緻密な捜査徹底を」警察庁長官が通達

足利事件

河野義行オフィシャルホームページ
冤罪甲山事件
インターネット法律協議会  弁護士によるインターネットの利用を促進し、 市民への法律情報の提供を促進することを目的して設立された団体。








Copyright securitynet.jp All rights reserved