セキュリティネットワークトップページ

電磁波問題関連リンク


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

電磁波の生体への影響
電磁波測定器紫外線・X線・ガンマ線などの電離放射線は、 遺伝子に損傷を与えるため発がん性を持つ。 これらの電磁波については年間許容被曝量が法律によって決められている。
家庭で接することの多い 50Hz あるいは 60Hz 程度の電磁波(電磁界)は 非電離放射線であり、この観点からは直接遺伝子に影響は与えないとされている。 しかし、電界や磁界を変化させてプラズマ化した物体を 原子や分子の単位で制御する技術を応用して、 生体を構成するたんぱく質や遺伝子などの高分子の構造を、 細かく変化させて、リボザイムなどが生成されていった RNAワールドの生命誕生の過程を探る研究を行っている人々の間では、 電界や磁界が低い周波数でも生体を構成する高分子にさまざまな作用を及ぼすことが知られている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』