セキュリティネットワークトップページ

少年犯罪−いじめ、万引き、傷害事件、殺人事件、少年法


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

少年法 2007年(平成19年)11月1日改正
14歳未満の場合、児童相談所へ通告。必要な場合により児童相談所経由で家庭裁判所へ送致。
14歳以上の場合、成人と同様に扱い警察や検察庁の捜査が行われ家庭裁判所に送致。

家庭裁判所の審判の結果により、少年院送致、保護観察、児童自立支援施設から、最もふさわしい処分が選択される。 特に凶悪な場合は、逆送が行われ検察官により起訴され、地方裁判所にて刑事裁判として執り行われる。 なお、少年院に送致可能な年齢の下限を設け、おおむね12歳以上とすることを盛り込んだ。

法務省が発行する犯罪白書によれば、凶悪犯罪は、ピーク時(1960年代)と2000年代を比較すれば件数は4分の1にまで低下している。 昭和30年代には年間8000件を超えていたが、その年をピークに件数は年々減少し、昭和50年以降は低水準で安定的に推移している。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


少年の摘発、過去最少 初の2万人割れ 特殊詐欺は増加傾向 上半期
少年法の適用、「18歳未満」への引き下げ検討
川崎市男子中1生殺害 18歳少年「泳がせたあとカッターで切った」
大学生の歯をペンチで抜き恐喝-高2少女と暴力団員ら逮捕
気弱そうな男性を携帯電話で誘い脅迫-都内の少年少女9人逮捕


生きる  -埼玉県リンチ殺人事件で長男を亡くした母による手記
マイ・エンジェル・Yuuki  -警察捜査に対する疑問と働きかけ、再捜査要望書提出までの記録
かけぬけた青春  -少年犯罪で息子を亡くした両親による手記、裁判の記録

少年犯罪の心理(少年事件、非行の犯罪心理学)  -新潟青陵大学 碓井氏のホームページ

万引き関連リンク
迷惑メール






監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved