本文へスキップ

コロナウイルス関連リンク集

contents

新型コロナウイルスに関するQ&A-厚生労働省

コロナウイルスとは-国立感染症研究所


「コロナウイルス」とはどのようなウイルスですか?
これまでに、人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10〜15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。


新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?
現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき
(2)接触感染 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。
※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど


空気感染は起きているのでしょうか?
国内の感染状況を見ても、空気感染は起きていないと考えられるものの、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

厚生労働省のホームページから引用



医療崩壊

医療崩壊(いりょうほうかい)とは、医療安全に対する過度な社会的要求や医療への過度な期待、医療費抑制政策などを背景とした、医師の士気の低下、防衛医療の増加、病院経営の悪化などにより、安定的・継続的な医療提供体制が成り立たなくなる、という論法で展開される俗語である。
2020年、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大した国々では、医療従事者や医療器具が不足、重症者の治療に手が回らなくなった。このような状態を医療崩壊と表現するようになった。


ロックダウン(英語: lockdown)

公共の施設や道路などで、外部からの進入者に対して内部の人間の安全確保のため建物を封鎖すること。
また、人々の抑留や、屋外活動を禁止して監禁することを意味する。また、緊急事態において人の移動や情報の出入りを制限すること。主に緊急時において行われる。
建物の封鎖の場合、外に出るドアをロックし出入りできないようにすることを「ドリルロックダウン(drill lockdown)」という。「フル・ロックダウン(full lockdown)」は、人々が現在の場所にとどまり・じっとしていることを求められ、出入りは禁止される。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




政府 全世界から外国人の入国停止を発表

南ア、各国の渡航制限は「不当」オミクロン株

鼻マスク市議 非着用の権利求め提訴 大分

25都道府県が宿泊療養準備 新型コロナ軽症者、厚労相

過去最大108兆円、主要国と足並み 財政再建は一段と険しく 経済対策

新型コロナで2社倒産、4社が破産準備 19年度の九州・沖縄 観光で増加も

県境越える「親密感染」…家族会食で他県に分散か

看護師、世界で590万人不足 WHO報告、養成や雇用拡充を

武漢から帰国の日本人で5人目の搬送、帰国した206人のうち約140人は経過観察を希望



SARSコロナウイルス2-オミクロン株
SARSコロナウイルス2-オミクロン株(サーズコロナウイルスツー オミクロンかぶ、英語: SARS-CoV-2 Omicron variant、別名 : 系統B.1.1.529)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) の変異株である。PANGO識別子(英語版)B.1.1.529、GISAID識別子GR/484A、Nextstrain(英語版)識別子21Kとしても知られる。
既知の最初の症例は、2021年11月9日にボツワナで検出された。2021年11月26日、世界保健機関(WHO)は懸念される変異株に指定し、ギリシア文字のオミクロンからオミクロン変異株と命名した。

オミクロン変異株は多数の変異を持ち、いくつかの変異は新規のものであり、いくつかの変異は発見時にほとんどのワクチンが標的に使用していたスパイクタンパク質に影響を与えるものである。この変異のレベルにより、伝染性、免疫回避(英語版)、ワクチン耐性(英語版)に関する懸念につながっている。その結果、オミクロン変異株は短期間に懸念される変異株に指定され、一部の国では感染拡大を制限または遅らせるために渡航禁止令が導入された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



スパイクタンパク質
スパイクタンパク質 (英: spike protein、またはペプロマー、英: peplomer) は、ウイルスカプシドまたはウイルスエンベロープ上の糖タンパク質スパイクである。これらの突起は、宿主細胞上の特定の受容体にのみ結合する。それらは、宿主の特異性とウイルス感染性の両面で不可欠である。

ペプロマーという用語は、今日ではほとんど使われておらず、すべての外側に突き出したエンベロープタンパク質には使用されなくなった。
ほとんどの場合、より正確でない表現のスパイクに置き換えられる。ただし、スパイクという用語は尖った構造を示唆しているが、エンベロープ構造の場合はそうではなく、
外側が丸く、平らまたはボタン形状をしている。そして、ペプロマーとスパイクの両方の用語は、形態学的に目に見える構造を表しているに過ぎず、発現膜タンパク質またはコートタンパク質と同一ではない。
ウイルスの他の多くの膜タンパク質は、これらの顕著な構造を形成しない。

ペプロマーという用語は、エンベロープタンパク質が特に大きく特徴的な構造を形成しているいくつかのウイルス群、例えばオルトミクソウイルス科やコロナウイルス科でのみ使用される。
いくつかのバクテリオファージ、特にT4様ファージの尾部繊維は修飾されたペプロマーである[要出典]。
インフルエンザウイルスには2種類のペプロマーがある。

円筒形の「ヘマグルチニン」
キノコ型の「ノイラミニダーゼ」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』




無線式呼び鈴回転灯システム-ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。

ワイヤレスの呼び鈴を押すと10〜18m離れた場所でパトランプが一定時間だけ回転します。店舗や事務所、介護保険施設などの受付や業務用の呼び出しにもご利用いただいています。
耳の不自由な方への呼び出しにも。
無線式呼び鈴回転灯システム-ピンポンチャイム音に代わり回転灯お知らせします。

タイマー作動型閉め忘れ防止センサー-冷蔵庫、冷凍庫の節電対策に

冷蔵庫や冷凍庫、会社や介護施設の扉の開けっ放し防止に。

開閉センサーを設置した扉が、開いた状態が一定時間以上続くと 離れた警報受信盤が警告アラーム音を作動させてお知らせします。
温度管理や湿度管理のたいへんな半導体工場、電子部品工場などで、たくさんご利用いただいております。
大型冷蔵庫、冷凍庫に多い両開き扉にも設置することができます
業務用大型冷蔵庫、冷凍庫に多い両開き扉にも設置することができます。


停電監視用ショートメール自動通報装置4G
停電が発生し、本メール通報機付属のACアダプターへの電源供給が停止するとショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話やスマートホン最大6カ所まで停電発生を自動的に知らせます。

停電が発生し、本メール通報機付属のACアダプターへの電源供給が停止するとショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話やスマートホン最大6カ所まで停電発生を自動的に知らせます。










index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵の防犯対策
  6. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  7. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  8. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  9. お寺や神社の防犯対策
  10. 電話トラブル
  11. 個人情報のセキュリティ
  12. 戸籍、住民票のセキュリティ
  13. 詐欺事件
  14. 郵便のセキュリティ
  15. カードのトラブル
  16. ATMのセキュリティ
  17. ストーカー、痴漢
  18. 性犯罪
  19. 子供の安全
  20. 連れ去り事件
  21. 家庭内事故
  22. PL法
  23. 住宅品質品質確保促進法
  24. テロリズム
  25. 悪徳商法
  26. 労働災害
  27. インデックス
  28. 空き巣被害に遭ったら?
  29. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  30. 防犯体験談
  31. 防犯グッズ
  32. ホームセキュリティ
  33. 監視カメラ
  34. マグネットセンサー、開閉センサー
  35. 赤外線センサー、空間センサー
  36. 警備サービスの比較
  37. 自主機械警備システム
  38. 非常ボタン、緊急連絡装置
  39. ポケットベル
  40. 火災報知器
  41. 警報機
  42. 自動通報機
  43. 設備監視装置
  44. 労働災害発生時の緊急連絡装置
  45. 高齢者安否確認システム
  46. パトランプ、回転灯
  47. ネットワークカメラ
  48. 画像転送装置
  49. カラーボール
  50. 防犯スプレー
  51. 防刃チョッキ
  52. 警備保障とは?
  53. ガラスの防犯対策
  54. 消火器
  55. 住宅の防犯グッズ
  56. 事務所や店舗の防犯グッズ
  57. 防犯カメラ
  58. 車と船舶の防犯盗難防止
  59. バイクの盗難防止
  60. 防災グッズ
  61. 工場の無線呼び出し装置
  62. 押しボタン緊急通報装置
  63. 自動通報装置、緊急通報装置
  64. 接点緊急通報装置、接点監視用自動通報装置
  65. 無線呼び出し装置