本文へスキップ

交通事故関連リンク集

contents

あおり運転で死亡事故誘発、懲役12年

カルガモ走法運送業者追送検 兵庫県警

2人死亡事故で懲役14年、危険運転致死、初の裁判員裁判−千葉地裁

妊婦のシートベルト着用呼びかけ、警察庁が教則改正



自転車が信号無視
事故そして逆走
電柱をヘシ折る交通事故
交通事故 traffic accident
逆走の瞬間
ターンパイクの事故
自動車と自転車の事故
スーパー駐車場で乗用車が6人はねる 広島
大型トラックが追突しパトカー炎上 警官2人重軽傷
水戸の死亡ひき逃げ事件で会社役員の男を逮捕
路線バスにクレーンが追突 窓ガラス破り7人けが
「運転中に気分悪く・・・」トラックが美容室に突っ込む
レインボーブリッジで追突事故 乗用車運転手がけが
ワゴン車とミキサー車が正面衝突 雪でスリップか
雪の影響でスリップ事故相次ぐ けが人は185人に
観光バスが横転して乗客ら2人けが 大分・九重町
トレーラーにはねられた女性が車体の下に挟まれる
23キロ引きずる・・・ひき逃げ死亡で47歳男を逮捕
あわや住宅の屋根直撃トラックが電柱に衝突
運転誤り駐車場の柵突き破る 車2台の上に落下
世の中嫌に・・・盗難車で飲酒運転の男 パトカーに突進
トラックと乗用車が衝突、3人重体 福岡・大牟田市


横浜2人死亡、ブレーキ痕跡なし 歩道を数十メートル走行か?



駐車違反で車両使用制限命令、法改正後初の適用

一緒に飲んだ人に賠償命令 飲酒死亡事故

街路灯転倒事故 電線設置のセコム、社長が謝罪会見



副操縦士は「視力」にも問題か 旅客機墜落

操縦室、2人常駐義務化も=欧州航空安全局が勧告検討

副操縦士の破られた診断書、墜落当日「勤務に適さず」−当局

ドイツ機墜落事故 搭乗者名簿に2人の日本人らしい名前



業務上過失致死傷罪
業務上過失致死傷罪(ぎょうむじょうかしつちししょうざい)とは、日本の刑法に規定された犯罪であり、業務上過失致死罪(ぎょうむじょうかしつちしざい)と業務上過失傷害罪(ぎょうむじょうかしつしょうがいざい)の総称である。

刑法の過失致死傷罪の特別類型の一つであり、他の類型には、重過失による場合の重過失致死傷罪(じゅうかしつちししょうざい)がある。こちらも本項目で取り扱う。
またさらに、他の類型として、自動車運転死傷行為処罰法の「過失運転致死傷罪」がある。改正前[2]の刑法第211条の2に自動車運転過失致死傷罪として規定されていたものである(#交通事犯の特則)。
刑法第211条に併せて規定されていることから、講学上、業務上過失致死傷罪と重過失致死傷罪を併せて、業務上過失致死傷等罪(ぎょうむじょうかしつちししょうとうざい)と呼ぶこともある。


業務上の過失
日常用語における「業務」とはいわゆる「職業として継続して行われる仕事」の事を指すが、本罪の要件たる「業務」はこれと異なる。厳密な定義には争いがあるが、
本罪にいう「業務」は、社会生活上の地位に基づき反復継続して行う行為であって、生命身体に危険を生じ得るものをいう(最判昭和33年4月18日刑集12巻6号1090頁)。

したがって、自動車運転過失致死傷罪の新設前は、自動車事故で人を死傷させると、業務上過失致死罪や業務上過失傷害罪が成立した(実際上、業過事件のほとんどが自動車事故であった)。すなわち、自動車の運転は反復継続性があり、また他人に危害を与える可能性があるものであるから、私用による運転であっても業務に当たるのである。

日常用語にいう「業務」と業務上過失致死傷罪にいう「業務」とが一致する分野もある。代表的なものは医療過誤による業務上過失致死傷罪である。
医師の医療行為は、医師という社会生活上の地位に基づいて継続反復して行われるものであり、その過誤によっては患者の生命身体に危険を生じるものだからである。
なお、本罪にいう「業務」は適法である必要はない。自動車運転免許証の一時停止処分を受け、法定の運転資格がない場合でも業務に当たるとした判例がある(最決昭和32年4月11日刑集11巻4号1360頁)。


因果関係
本罪が成立するためには、業務上の過失のほかに、構成要件として「その過失がなければ死傷するはずがなかった」という因果関係が存在することが必要である。
例えば、医療過誤で患者が死亡した場合、たとえ医師に過失があったとしても、過失とは無関係の段階で救命可能性が低かった(適切な処置が行われたとしても死亡する可能性が高かった)と判断されれば、構成要件を満たさないため、本罪の適用を受けない。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



危険運転致死傷罪
危険運転致死傷罪(きけんうんてんちししょうざい)は、自動車の危険な運転によって人を死傷させた際に適用される犯罪類型である。

自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)第2条および第3条の危険運転致死傷に規定がある。

なお、同法律(平成25年11月27日法律第86号)により、刑法第208条の2で規定されていたものが改正され、危険運転致死傷および自動車運転過失致死傷の規定は、同法に独立して規定されることとなった。

本項目においては、刑法および自動車運転処罰法において危険運転致死傷罪として制定された経緯、および自動車運転死傷行為処罰法に危険運転致死傷罪として規定された後の法律的事項について取り扱う。

危険運転致死傷罪は、一定の危険な状態で自動車を走行・運転し、人を死傷させる罪である。

2001年(平成13年)の刑法改正により、刑法第208条の2に新設された規定であるが、その後、2013年(平成25年)に公布された自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(自動車運転死傷行為処罰法)(平成25年11月27日法律第86号)に独立して規定されることとなった。

刑法にて規定されていた時は、過失致死傷や業務上過失致死傷罪などの過失傷害の罪を規定した刑法第2編第28章ではなく、故意犯たる傷害罪などについて規定している同編第27章「傷害の罪」の中に規定が置かれ、法定刑も過失傷害の罪に比べて著しく重く設定された。これは、本罪は過失犯ではなく故意の危険運転行為を基本犯とする一種の結果的加重犯として、傷害罪ないし傷害致死罪類似の罪として規定されたためである(ただし、基本犯に関しては刑法に規定はなく、飲酒運転等の道路交通法上の犯罪である)。なお、法改正により独立した特別刑法として規定された。

当初は「四輪以上の自動車」と限定されていたが、2007年(平成19年)5月17日成立(同年6月12日施行)の改正刑法(刑法の一部を改正する法律、平成19年5月23日法律第54号)では「四輪以上の」の文言が削除され、改正刑法施行後は、原動機付自転車や自動二輪車を運転して人を死傷させた場合にも、危険運転致死傷罪が適用されることになった。なお、本罪の行為は自動車の運転に限定されており、自転車の運転では本罪を構成しない。また、「自動車」の定義については刑法の規定であった期間は明文化されていなかったが、独立法の規定では道路交通法に基づくこととなった。

なお、業務上過失致死傷罪および本罪の構成要件に「道路」(公道など)上の事故である限定がないことから、道路外致死傷(道路以外の場所において自動車等をその本来の用い方に従って用いることにより人を死傷させる行為)にも適用される。ただし、適法に開催された自動車競技等、法廷で正当行為と判断される場合に限っては、この限りではない。

法定刑
法第2条に規定する各類型では、致傷は15年以下の懲役、致死は1年以上の有期懲役、第3条に規定する準危険運転致死傷罪では、致傷は12年以下の懲役、致死は15年以下の懲役。

無免許運転による加重
無免許運転の状態での危険運転致死傷罪は、刑が加重される。 第2条の各類型の場合は、致傷は6月以上の有期懲役、致死は従来通り1年以上の有期懲役。

第3条に規定する準危険運転致死傷罪では、致傷は15年以下の懲役、致死は6月以上の有期懲役。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』





携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置
工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。
設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは携帯発信器から予告音が発せられ、
それでも動かない時は事故発生と認識して電波を発信、事務所や守衛室などに緊急呼び出しコールを自動的に行います。 緊急連絡を行う非常押しボタン付き。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯式ジャイロセンサー発信器
携帯式ジャイロセンサー発信器。腰ベルト固定用ケース付属。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置へのご質問とその回答、Q&A集
携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の利用例











index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵、玄関扉や窓の空き巣の手口
  6. 車や重機、トラックの盗難防止対策
  7. バイクのい盗難防止対策
  8. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  9. ストーカー、痴漢
  10. 性犯罪
  11. 連れ去り事件
  12. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  13. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  14. お寺や神社の防犯対策
  15. 電話トラブル
  16. 個人情報のセキュリティ
  17. 戸籍、住民票のセキュリティ
  18. 詐欺事件
  19. 郵便のセキュリティ
  20. カードのトラブル
  21. 預貯金、通帳印鑑のセキュリティ
  22. ATMのセキュリティ
  23. 子供の安全
  24. 家庭内事故
  25. PL法
  26. 住宅品質品質確保促進法
  27. テロリズム
  28. 悪徳商法
  29. 労働災害
  30. インデックス
  31. 空き巣被害に遭ったら?
  32. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  33. 防犯体験談
  34. 防犯グッズ
  35. ホームセキュリティ
  36. 監視カメラ
  37. マグネットセンサー、開閉センサー
  38. 赤外線センサー、空間センサー
  39. 警備サービスの比較
  40. 自主機械警備システム
  41. 非常ボタン、緊急連絡装置
  42. ポケットベル
  43. 火災報知器
  44. 警報機
  45. 自動通報機
  46. 設備監視装置
  47. 労働災害発生時の緊急連絡装置
  48. 高齢者安否確認システム
  49. パトランプ、回転灯
  50. ネットワークカメラ
  51. 画像転送装置
  52. カラーボール
  53. 防犯スプレー
  54. 防刃チョッキ
  55. 警備保障とは?
  56. ガラスの防犯対策
  57. 消火器
  58. 住宅の防犯グッズ
  59. 事務所や店舗の防犯グッズ
  60. 防犯カメラ
  61. 車と船舶の防犯盗難防止
  62. バイクの盗難防止
  63. 防災グッズ
  64. 工場の無線呼び出し装置
  65. 押しボタン緊急通報装置
  66. 自動通報装置、緊急通報装置
  67. 接点緊急通報装置、接点監視用自動通報装置
  68. 無線呼び出し装置