本文へスキップ

感染病関連のリンク集

contents

エボラ出血熱
エボラ出血熱、またはエボラウイルス病は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。 出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。

傷口や粘膜にウイルスが入り込まないよう注意する必要がある。特に、人は自分の目や口や鼻を触りがちであるが、 それらに触らないよう気をつける必要がある。また、人の触るドアノブやスイッチやハンドルなどはウイルスが付着しやすいため、汚れを落とし消毒する必要がある。 手は石鹸を使って洗う必要があるが、無理な場合はアルコール分を60%以上含むハンドジェルも使用可能。

咳やくしゃみはエボラ出血熱の症状にないが、別の要因によって咳やくしゃみが起これば、感染する可能性があり、 長期間の1メートル以内の近接で感染リスクは中程度とされている。そのため、人ごみをできるだけ避け、 具合の悪そうな人への1メートル以内への接近はなるべく控えることが望ましい。 また、直接的接触(握手など)や屋内での長時間接触も感染リスクは低いとはいえ、なくはないので、できるだけ避けることが望ましい。 眼鏡やマスク(N95以上が望ましい)、手袋なども予防に使われているが、ウイルスの付着している表面には触らないよう注意が必要となる。

引用: ウィキペディア



医療過誤
医療過誤(いりょうかご、英語: Medical error)とは、医療における過誤によって患者に被害が発生すること。業務過誤の一種。医療ミスともいう。

定義
日本の厚生労働省リスクマネージメントスタンダードマニュアル作成委員会「リスクマネージメントマニュアル作成指針」によると、
医療過誤は「医療事故の一類型であって、医療従事者が、医療の遂行において、医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為」と定義されている。

医療訴訟上の医療過誤
「医療訴訟」も参照
医療過誤は、日本においては、刑事責任(業務上過失致死傷など)および民事責任(被害者に対する債務不履行又は不法行為に基づく損害賠償責任や使用者による懲戒など)の原因となり得る。
医療過誤の民事訴訟は年間800件程度だが、患者側の勝訴率は約2割であり、これは医療機関側の過失が明らかな場合、訴訟前和解(示談)となる場合が多いためである。
また、医療行為は専門性が高く、過失の立証が困難であることも原因として指摘されている。

日本では、医療過誤(医療事故)によって100万円以上の損害賠償を2回以上請求された医師は、日本医師会会員に限っても、1973年-1995年の間に511人存在し、そのうち、2回請求された医師は391人、3回は82人、4回は22人、5回以上が16人であった。それら事故を繰り返す医師を指して、「リピーター医師」と呼ぶこともある。
これには、医師に対するチェック機関である医道審議会が医師が医師免許剥奪などの厳しい措置をとることが稀であり、結果として事故を繰り返させているとの指摘もある。
また、(正しく患者を護るという観点からは、各医師の過去の医療過誤は一律に広く情報公開し、ひとりひとりの患者が各医師の過去の医療過誤歴を知った上で医師を選べるようにすべきなのだが、
現状では)患者が各医師の過去を知り得ないような状態が放置されている、という問題もあるとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



SARSコロナウイルス2-オミクロン株
SARSコロナウイルス2-オミクロン株(サーズコロナウイルスツー オミクロンかぶ、英語: SARS-CoV-2 Omicron variant、別名 : 系統B.1.1.529)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の原因ウイルスであるSARSコロナウイルス2 (SARS-CoV-2) の変異株である。PANGO識別子(英語版)B.1.1.529、GISAID識別子GR/484A、Nextstrain(英語版)識別子21Kとしても知られる。
既知の最初の症例は、2021年11月9日にボツワナで検出された。2021年11月26日、世界保健機関(WHO)は懸念される変異株に指定し、ギリシア文字のオミクロンからオミクロン変異株と命名した。

オミクロン変異株は多数の変異を持ち、いくつかの変異は新規のものであり、いくつかの変異は発見時にほとんどのワクチンが標的に使用していたスパイクタンパク質に影響を与えるものである。この変異のレベルにより、伝染性、免疫回避(英語版)、ワクチン耐性(英語版)に関する懸念につながっている。その結果、オミクロン変異株は短期間に懸念される変異株に指定され、一部の国では感染拡大を制限または遅らせるために渡航禁止令が導入された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



停電監視用ショートメール自動通報装置4G
停電が発生し、本メール通報機付属のACアダプターへの電源供給が停止するとショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話やスマートホン最大6カ所まで停電発生を自動的に知らせます。

停電が発生し、本メール通報機付属のACアダプターへの電源供給が停止するとショートメール(SMS)を使って予め登録された携帯電話やスマートホン最大6カ所まで停電発生を自動的に知らせます。





index

  1. 一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズ
  2. マンション、アパートの防犯対策、防犯グッズ
  3. 店舗、事務所の防犯対策
  4. 金庫の防犯対策
  5. 鍵、玄関扉や窓の空き巣の手口
  6. 車や重機、トラックの盗難防止対策
  7. バイクの盗難防止対策
  8. 女性の一人暮らしの防犯対策、防犯グッズ
  9. ストーカー、痴漢
  10. 性犯罪
  11. 連れ去り事件
  12. 資材置き場、。金属、銅線の盗難防止
  13. 畑や果樹園、果物や野菜の盗難防止
  14. お寺や神社の防犯対策
  15. 電話トラブル
  16. 個人情報のセキュリティ
  17. 戸籍、住民票のセキュリティ
  18. 詐欺事件
  19. 郵便のセキュリティ
  20. カードのトラブル
  21. 預貯金、通帳印鑑のセキュリティ
  22. ATMのセキュリティ
  23. 子供の安全
  24. 家庭内事故
  25. PL法
  26. 住宅品質品質確保促進法
  27. テロリズム
  28. 悪徳商法
  29. 労働災害
  30. インデックス
  31. 空き巣被害に遭ったら?
  32. 事務所荒らしの被害に遭ったら?
  33. 防犯体験談
  34. 防犯グッズ
  35. ホームセキュリティ
  36. 監視カメラ
  37. マグネットセンサー、開閉センサー
  38. 赤外線センサー、空間センサー
  39. 警備サービスの比較
  40. 自主機械警備システム
  41. 非常ボタン、緊急連絡装置
  42. ポケットベル
  43. 火災報知器
  44. 警報機
  45. 自動通報機
  46. 設備監視装置
  47. 労働災害発生時の緊急連絡装置
  48. 高齢者安否確認システム
  49. パトランプ、回転灯
  50. ネットワークカメラ
  51. 画像転送装置
  52. カラーボール
  53. 防犯スプレー
  54. 防刃チョッキ
  55. 警備保障とは?
  56. ガラスの防犯対策
  57. 消火器
  58. 住宅の防犯グッズ
  59. 事務所や店舗の防犯グッズ
  60. 防犯カメラ
  61. 車と船舶の防犯盗難防止
  62. バイクの盗難防止
  63. 防災グッズ
  64. 工場の無線呼び出し装置
  65. 押しボタン緊急通報装置
  66. 自動通報装置、緊急通報装置
  67. 接点緊急通報装置、接点監視用自動通報装置
  68. 無線呼び出し装置