セキュリティネットワークトップページ

製品の保証期間


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

顧客が購入した商品の機能について、 事業者が保証を行う期間。保証内容は保証書などに規定される。 一般には、故障を無償で修理する期間を指す。

この期間は、製品の動作を消費者に保証し、販売後の一定期間の動作保証をつけることで 消費者に製品の優位性をアピールするために設けられている。
この場合の動作保証は、設計時に予め定められたスペックを満たすことであり、 その外観(美観)や設計時に想定された範囲以上の性能は含まれない。

期間
保証期間の始期・終期については、「製品購入日より○年間」という規定が一般的である。 購入日を明確にするため、販売店の名称・購入日・印などの記載欄が保証書に用意されているが、 量販店では全体をひとつにまとめたゴム印を押したり、 専用のシールを渡して購入者自らに保証書に貼らせる方法を採る場合がある。
小売販売店より消費者が購入した瞬間が保証期間の始点となる。

製品の性質と保証期間
製品の部分によって保証する期間が異なる場合がある。 たとえば、液晶ディスプレイの保証期間が3年となっていても、 パネルおよびバックライトについては1年とただし書きがされていることがある。 また、製品付属の電池など、消耗品については保証に含まれないのが普通である。

保証期間は製品の耐用年数とは異なる。保証期間を過ぎたからといって、 急にその製品の使用に問題が発生するというわけではない。 ある程度の劣化は避け得ないものの、大抵の製品は保証期間終了後も概ね機能を維持し続ける。

保証の内容
保証内容は一般に、 「通常の方法で使用した製品が保証期間内に故障した場合に、製品を無償で修理または交換する」ものである。 何をもって通常の方法と呼ぶかは保証書に規定される。

製品に製造上の欠陥があった場合は、保証期間が過ぎても無償で修理に応じたり、 状況によっては自主的に製品を回収することがある(リコール)。 ただしこれは、保証書で規定された保証には含まれない。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』









監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved