セキュリティネットワークトップページ

キャッシュカードのトラブル、盗難被害や偽造事件、預金者保護法、不正引き出し事件


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス


セキュリティネットワーク
住宅の防犯グッズ
事務所や店舗の防犯グッズ
監視カメラ、録画装置
鍵のショッピング
車と船舶の防犯盗難防止装置
バイクの盗難防止装置
防災グッズ
労働災害防止装置
工場や店舗、住宅の無線呼び出し装置

預金者保護法とは?

平成18年2月10日に、「偽造カード等及び盗難カード等を用いて行われる不正な機械式預貯金払戻し等からの預貯金者の保護等に関する法律」(偽造・盗難カード預金者保護法)が施行されました。その内容は、普段からキャッシュカードや暗証番号の管理をしっかり行なっていれば、万が一キャッシュカードを偽造されたり盗難されて預金等を引出されても、その損害は金融機関が負担し、預金者が負担を負うことはないというものです。

平成15年頃から、スキミングいう手口を使って、 偽造キャッシュカードを作成し、預金を引出す事件が社会問題化しました。 このような事件から預金者を保護するためにこの法律は作られました。
法律による保護を受けるためには、預金者も、普段から、キャッシュカードを他人に安易に渡したり、 盗まれたりしないよう、また、暗証番号を他人に悟られないようしっかり管理を行うことが必要とされています。 預金者にこれら管理上の過失または重大な過失がある場合には、 補償額が25%減額され75%となったり、補償が受けられない場合もあります。

※全国銀行協会のホームページより引用


預金者保護法は、 偽造、盗難カードによる不正引き出しを原則として金融機関が補償する内容。 ただし、預金者に過失が認められれば補償額を減額されます。

偽造カードと盗難カードによる被害はいずれも原則として、 金融機関に被害が通知された日からさかのぼって、30日以内の被害額が補償の対象となります。



『重大な過失』-偽造カード、盗難カードとも補償なし。
1.本人が他人に暗証番号を知らせる
2.本人が暗証番号をカードに書く
3.本人自ら他人にカードを渡す
4.上記と同等の故意と見られる著しい注意義務違反がある

その他、補償なしと考えられる事例
家計を同一にする同居人や家事使用人が引き出した。
夫や妻など配偶者、子や孫など2親等以内の親族が引き出した。


『軽過失』-盗難カードは75%補償

(1) 生年月日、自宅の住所、地番、電話番号、勤務先の電話番号、自動車のナンバーなどのナンバーを暗証番号にし、かつ暗証番号を推測させる書類(免許証、保険証、パスポートなど)をカードと共に携帯、保管していた場合。
または、暗証番号をメモなどに書き記し、かつカードとともに携帯、保管していた場合。
(2) 次の1,2が相まって被害が発生した場合。
1.暗証番号の管理
A.生年月日、自宅の住所、地番、電話番号、勤務先の電話番号、自動車のナンバーなどのナンバーを暗証番号にしていた場合。
B.暗証番号をロッカー、貴重品ボックス、携帯電話など金融機関の取引以外にも使っていた場合。

2.キャッシュカードの管理
A.キャッシュカードを入れた財布などを自動車内などに放置した場合
B.飲酒等により通常の注意義務を果たせなくなるなど、カードを用意に他人に奪われる状況においた場合。
(3) 1と2と同程度の注意義務違反があると認められる場合
財布の中や、車の中、タンスの中など運転免許証や保険証など暗証番号を想像させる書類とキャッシュカードを一緒に置いておくと、 イザ被害に遭ったときには全額補償されない可能性が。

『無過失』全額補償
ゴルフ場やコインロッカーなどに預け、カード情報だけ盗まれた。
強盗に刃物で脅されて暗証番号を教えてしまった。
地震や台風など自然災害の際に盗まれた。

※実際に被害に遭った場合は、金融機関や法律事務所に相談されることをおすすめします。



偽造カード18億円引き出し 別の「出し子」と入れ替えで引き出しか ATM不正で新たに26歳塗装工を逮捕。

偽造カードでキャッシング70万円。
通帳と印鑑、保険証を盗み銀行や郵便局で700万円引き出し。
預金の不正引き出し犯、捕まる。これからの対応は?
盗難通帳から不正に800万円の引き出しが...。
すられた財布のカードから300万円引き出されてしまいました。
通帳を盗難にあい、お金を引き出されていました。
郵便局、通帳だけ盗まれていたのに預金を引き出されました。
泥棒に預金通帳をのぞき見られた?
偽造カードで預金引き出し 被害4億円 スキミングに変わる新手口か
ATM盗撮事件、旧UFJ銀で新たに4カ所狙われる? 愛知
UFJ銀行のATM盗撮事件で偽造?カードの不正使用15件を確認


入院患者の銀行カード盗み、現金引き出した看護士逮捕、生年月日から暗証番号推測
現金自動預払機のカード挿入口自体に暗証読み取り機を設置?
ごみ箱から拾ったカード利用明細書で番号盗用、チケットをネット購入
UFJ銀行のATMに盗撮小型カメラ設置
全国銀行協会の被害者補償ルールが明らかに
キャッシュカード使用後の客の注意そらし、財布抜き取る
偽造.盗難カード法成立(預金者保護法)-来年2月に施行-
携帯電話とキャッシュカードの暗証番号が一致することが多い?

暗証番号盗撮され現金引き出された事件、ゴルフ場に賠償命令
警察を名乗って暗証番号聞き出す、カード窃盗犯逮捕
暗証番号がわからないキャッシュカードでも現金の引き出し可能?
偽造が難しいキャッシュカードのIC化、95%の銀行メド立たず
偽造事件への金融機関の対応、『銀行、損失補填せよ』と被害者怒りあらわに
偽造カード、飲食店で盗んだカードにデータ上書きして使用
ゴルフ場支配人ら逮捕、窃盗団の暗証番号入手方法


旧式のカードの磁気部分に記録された暗証番号を読みとる-オートロック式マンション狙いの中国人逮捕
偽造カードの多発に伴い銀行法を改正、金融機関に被害者救済の義務付け検討
偽造キャッシュカードで引き落とし被害3200万円-被害者、銀行を提訴
キャッシュカード、クレジットカードの紛失、盗難
キャッシュカードの磁気情報
外資系金融機関のカードの盗難(スキミング)
すられた財布のカードから300万円引き出されてしまいました-警察を語る、非常に巧妙な手口
盗まれたカードから不正に200万円が!
ATMがカード偽造機を兼ねていた!-カードの不正使用や偽造、証明は難しい
モノは盗まずカード情報を盗む空き巣が多発-スキミング
個人顧客すべてのキャッシュカードに盗難保険をセット-大和銀行、大阪銀行、近畿銀行
盗んだカードで残高照会は窃盗未遂
外資系金融機関のカードの盗難(スキミング)
デビッドカードの普及本格化へ、しかし偽造対策については未解決
メール、掲示板の書き込みから体験談





空き巣被害にあったら?被害届などの対処法
空き巣被害にあったら?空き巣に入られたときの被害届などの対処法。 印鑑、カード、預金通帳、保険証など個人情報に伴う紛失物。

監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved