セキュリティネットワークトップページ

バイクの盗難犯罪関連リンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス


セキュリティネットワーク
住宅の防犯グッズ
事務所や店舗の防犯グッズ
監視カメラ、録画装置
鍵のショッピング
車と船舶の防犯盗難防止装置
バイクの盗難防止装置
防災グッズ
労働災害防止装置
工場や店舗、住宅の無線呼び出し装置

イモビライザー

イモビライザー(Immobilizer)とは電子的なキーの照合システムによって、 専用のキー以外ではエンジンの始動ができないという自動車盗難防止システムの呼称である。

通常、車の鍵はキーシリンダー内部とキーの鍵山が一致すればイグニッションスイッチをオンにすることができ、 エンジンを始動することができる。
これに対してイモビライザーは、専用キーに埋め込まれたトランスポンダと呼ばれる電子チップが 持つ固有のIDコードと車両側のIDコードを電子的に照合し、 一致すればエンジンを始動させることができる。従って合カギなどでドアを開け、 エンジンを始動させようとしてもIDコードが一致しない限りエンジンを始動させることができない。 キーのIDは暗号化されており、その組み合わせは膨大な数になるため、複製することはほぼ不可能に近い、 そのため合カギや配線直結の手口にも有効なセキュリティシステムとされてきた。

だが、イモビライザーを搭載した車が盗まれるケースもゼロではない。 また、運転席付近にある整備用のコネクタに差し込むことで車両側のIDコードをリセットして 別のキーのIDコードに照合させることでエンジンの始動を可能にする「イモビカッター」なるものが登場し、 十数秒で解錠できるようになってしまった。現在の法令ではこれらの所持は違反ではないが、 2011年2月にこれを販売していた男に対して窃盗幇助罪が適用され起訴されたケースがある。

引用:ウイキペディア


ハーレーの部品盗みネット出品 消防士を逮捕
30万円高級自転車、パチンコ店駐輪場で盗み分解しネット販売
自転車を解体して京都市の自転車買い取り店に売却、店側がインターネットオークションに出品した部品を男性が見つけ、犯行が発覚した。
バイク盗、少年91% 2015年、県警摘発 ネットでの売買横行 沖縄
中高年ライダーの事故急増=プロテクター着用呼び掛け―警察当局
バイク業者がアルバイト店員にバイク窃盗指示?バイク窃盗容疑で3人逮捕
廃品回収業者を装いバイクを盗んだ容疑で3人を逮捕 東京
ハーレーダビッドソンやBMWなど高級オートバイ盗む
新聞販売店狙いのバイク盗難多発、1年間で1500件近く被害-神奈川県
ナンバープレートと車検証が知らないうちに盗難?-盗難車の売買
盗んだバイクに部品を組み合わせ、新車としてナンバー登録
ネット出品、被害者が発見 バイク部品盗んだ少年逮捕







ココセコムお申込













バイク用タイヤロックのショッピング

バイク用ロック、カギのショッピング

KRYPTONITE製のバイク盗難防止グッズ
KRYPTONITE製のバイク盗難防止グッズ


斉工舎のバイク盗難防止グッズ
斉工舎のバイク盗難防止グッズ


GODZILLA製のバイク盗難防止グッズ
GODZILLA製のバイク盗難防止グッズ





Copyright securitynet.jp All rights reserved