セキュリティネットワークトップページ

企業の社会的責任-CSR関連リンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

企業の社会的責任-CSR

企業には株主や取引先のみならずそこに働く従業員、消費者、
地域社会など多様なステークホルダー(利害関係者)に対して
責任を果たすことがこれまで以上に社会から求められています。

企業の社会的責任(きぎょうのしゃかいてきせきにん CSR: Corporate Social Responsibility)は、 企業が利益を追求するのみならず、組織活動が社会へ与える影響に責任を持ち、 あらゆるステークホルダーからの要求に対して、 適切な意思決定したことを指すものである。

企業の経済活動にはステークホルダーに対して説明責任が有り、 説明出来ないと社会的容認が得られなく、 信頼のない企業は持続できないとされる。 持続可能な社会を目指すためには、企業の意思決定を判断するステークホルダー側である消費者の社会的責任(CSR:Consumer Social Responsibility)、 市民の社会的責任(CSR:Citizen Social Responsibility)が必要不可欠となる。

一般に企業は経済的な利益を上げることにより永続的な存在となることを 目指す法人であるが、企業の行動は単にその企業の利益のみによって計れるものでも、 限定されるものでもないため、 市民としての企業(企業市民)の、 企業の社会的業績も当然企業の行動の結果として現れることになる。
よって望ましい企業の社会的業績が実現できるよう市民としての企業 (企業市民)は行動するべきであるというのがCSRについての考え方である。


企業コンプライアンス

企業コンプライアンス(きぎょうコンプライアンス、regulatory compliance)とは、コーポレートガバナンスの基本原理の一つで、企業が法律や内規などのごく基本的なルールに従って活動する事、またはそうした概念を指す。ビジネスコンプライアンスという場合もある。「コンプライアンス」は「企業が法律に従うこと」に限られない「遵守」「応諾」「従順」などを意味する語だが、以下では主にこの語を使う。なおRegulatory complianceは直訳すると「規制追従」という意味になる。

今日ではCSR(corporate social responsibility の略。企業の社会的責任履行)と共に非常に重視されている概念、仕組みである。 2000年代から、法令違反による信頼の失墜や、それを原因として法律の厳罰化や規制の強化が事業の存続に大きな影響を与えた事例が繰り返されているため、特に企業活動における法令違反を防ぐという観点からよく使われるようになった。こういった経緯から、日本語ではしばしば法令遵守と訳されるが、法律や規則といった法令を守ることだけを指すという論もあれば、法令とは別に社会的規範や企業倫理(モラル)を守ることも「コンプライアンス」に含まれるとする論もある。また、本来、「法的検査をする」といった強い実行性をもっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 


深刻な人種差別、韓国がワースト2番目グループに―米紙 t
CSR(企業の社会的責任)とは?[ビジネススキル・仕事術]All About








Copyright securitynet.jp All rights reserved