セキュリティネットワークトップページ

食物アレルギー


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

食物アレルギーとは、特定の食品を飲食することで体内に取り込まれ、 アレルギー状態が発生する免疫反応を言う。

食品によっては、アナフィラキシーショックを発生して命にかかわることもある(特にそばが有名)。 日本では食品衛生法施行規則などにより特定原材料等として、 表示の義務付けや推奨が規定されている。

乳幼児から幼児期にかけては食物アレルギーの主要な原因として鶏卵と 牛乳がその半数以上を占める。 青年期になるにつれて甲殻類が原因のケースが増え、牛乳が減る。 成人期以降では、甲殻類、小麦、果物、魚類といったものが主要なアレルギーの原因食品となる。

日本では食品衛生法施行規則により特定原材料として、 表示の義務付けが規定されている。 この特定原材料以外に表示の推奨が必要とされるものを含めて 「特定原材料等」として扱われる。

特定原材料 食品衛生法施行規則により特定原材料として定義される。省令による品目。
卵【玉子、マヨネーズなど】 、乳【牛乳、乳製品、チーズなど】、 小麦【パン、うどんなど】 、そば - 日本そば、落花生【ピーナッツ】

特定原材料に準ずるもの
特定原材料等として表示が推奨されるもの。通知による品目。
あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、 くるみ、鮭、鯖、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ(松茸)、 もも(桃)、やまいも、りんご、バナナ、ゼラチン。

その他
食品衛生法には規定が無いものの、食物アレルギーを起こしやすいとされるもの。
米、ごま、キビ、ヒエ、じゃがいも、マンゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



アレルギー男児に牛乳、担任は「確認を失念」

生産履歴、トレーサビリティのショッピング
生産履歴、トレーサビリティのショッピング








監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved