セキュリティネットワークトップページ

過疎、限界集落


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

過疎

過疎とは、村落、離島などにおいて、人口が急激且つ大幅に減少したため、地域社会の機能が低下し、住民が一定の生活水準を維持することが困難になった状態をいう。

人口が減少して過疎の状態になりつつある状態、或いは過疎が更に進行する状態を過疎化という。 過疎化が進行し、地域社会としての機能を失った集落を限界集落と呼ぶこともある。
過疎は、都市部への人口移動や少子化などが原因となって起こる。過疎化が進行すると、生活道路や農業用水など地域資本の管理、農業(田植え・稲刈りなど)や茅葺き屋根の葺き替え時の助け合いといった互助機能、冠婚葬祭や消防団など地域社会の機能を維持することが困難になるとともに、利用者減少と自家用自動車利用の増加による公共交通網の崩壊(鉄道や路線バスの廃線・撤退や大幅な減便など)、商店街の衰退、医療機関の機能縮小といった社会資本の喪失が同時に進行する。

また、地方自治体(市町村)の地方税税収が落ち込み、独自財源を失うことによる財政規模の縮減や財政再建団体への転落、これに伴う住民の負担増がますます深刻化し、十分な行政サービスを提供できなくなる、 地域産業の衰退を招くことで過疎化に拍車がかかるなどの問題を引き起こす。 この上に、民間事業者が撤退した路線バスを引き継ぐ廃止代替バスの運行や公営診療所の維持と いった新たな行政負担も発生することになる。特に過疎地域における医療サービスの確保は深刻な課題となっている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


限界集落

限界集落とは、過疎化などで人口の50%が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になった集落のことを指す。

中山間地や離島を中心に、過疎化・高齢化の進行で急速に増えて来ている。このような状態となった集落では、 集落の自治、生活道路の管理、冠婚葬祭など、 共同体としての機能が急速に衰えてしまい、やがて消滅に向かうとされている。
共同体として生きてゆくための「限界」として表現されている。「限界集落」には、もはや就学児童より下の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く、病身者も少なくないという。

限界集落に次ぐ状態を「準限界集落」と表現し、55歳以上の人口比率が50%を超えている場合とされる。 また、限界集落を超えた集落は「超限界集落」から「消滅集落」へと向かう。

近年過疎地以外での限界集落という新たな問題も出現している。 都市圏のベッドタウン・かつての新興住宅地などにおける単身者向けの大規模公営団地に 高齢者の入居が集中したり、数十年前に一斉に入居してきた核家族世帯の子どもが独立して親世代のみになるなどして、 集落全体では限界ではないものの、非過疎地域の一区画が孤立した形で高齢化率が極端に上昇してしまう現象である。

生活困難化による孤独死や共同体の崩壊など、農山漁村・僻地・離島・過疎地の限界集落と同様の問題を抱え込んでいる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



危険空き家に撤去命令=特措法、26日に全面施行



一人住まい安否確認システム
月々の管理費費用で簡単設置!一人住まい安否確認システム
トイレのドアに安否確認センサーを取り付けます。 24時間に1回もドアの開閉信号が送られてこなかった場合には、 登録された携帯電話などに、自動的に音声アナウンスを流します。 アナウンスの後、電話をかけ直して安否の確認をすることができます。

安否確認システム
人感センサーが一定時間、人の動きを感知しないと自動通報を開始します。

高齢者の事故リスクの低減
個人のお客様、自治体様や介護ケアサービス業でもご利用いただいておりますが、お住まいの方が倒れているのを発見して大事に至らなかった、というお話は何件もいただいています。

大家さんに対するリスク低減メリット、不動産会社のメリット
アパートのオーナー様などからお問い合わせをよくいただいておりますが、 お部屋の借り主様が亡くなっているのが長期間わからなかった、などの事故があった場合、 事後のお部屋の修繕費用は相当な費用になるとお聞きしています。 本システムで早期に発見できれば、オーナー様や不動産管理会社様の修繕リスクは軽減できるのではないかと思います。

導入コスト
弊社の製品は一般の家電製品と同じ買い取り商品として機器をお出ししています。導入コストは以下の通りです。
1.初期の機器代金 2.通報動作が行われた際の電話料金(1回数十円程度)
3.電気料金-弱電家電機器ですので1ヶ月100円程度


ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム
ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム
一人暮らしの高齢者の安否を自宅の居間に設置した人感センサーが人の動きを検知し、登録者に自動でメールする先進のシステムです。 異変の早期発見が可能になります。
メールで自動連絡。固定電話回線の無いアパートやマンションでもご利用いただける一人暮らし高齢者安否確認システムです。
最後に発信した安否メールの1時間後に、1時間以内に人感センサーが反応しているかを機械がチエックします。 センサーが人を感知していれば最後の安否メールの1時間後に安否メールを発信します。

ifまもる君一人暮らし高齢者安否確認通報システム。一人暮らし高齢者の安否を自宅の居間に設置した人感センサーが人の動きを検知し定期的にメール発信する安否確認システムです。
一人暮らし高齢者の安否を自宅の居間に設置した人感センサーが人の動きを検知し定期的にメール発信する安否確認システムです。

一人暮らし高齢者見守りシステムいまイルモ
一人暮らし高齢者見守りシステム「いまイルモ」
スマートフォンとセンサーを使って一人暮らしの高齢者をいつでも見守ることができます。 離れて暮らす親や介護の必要な方、子供や孫の暮らしぶりをセンサーで”そっと”見守ることができるサービスです。
相手のプライバシーを尊重しながらも、安否確認用センサーとスマートフォンで家族の安否を確認できます。 独自の見守りセンサーを見守り咲きの室内の壁などに設置し、親機をインターネット回線に接続。 簡単な設定をするだけでご利用いただけます。
プライバシーを尊重した製品ですのでカメラ、画像関係は一切使用しないサービスです。


ご高齢者のご家族の方に、スマートフォンを追加って暮らしぶりがわかります。安心して離れて暮らす方を見守ることができます。
ご高齢者のご家族の方に、スマートフォンを追加って暮らしぶりがわかります。安心して離れて暮らす方を見守ることができます。











Copyright securitynet.jp All rights reserved