セキュリティネットワークトップページ

インフルエンザ


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

インフルエンザ(Influenza)とはインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で流行性感冒、 略称・流感(りゅうかん)ともいう。 発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる

風邪(普通感冒)とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、発熱、頭痛、全身倦怠感、筋肉痛を特徴とし、 咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴う。 腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もある。 合併症として肺炎とインフルエンザ脳症がある。

感染経路は咳・くしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。 一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など 違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、 飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある。 マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、 手洗い・うがいなどの対策も必要である。

潜伏期間は1?2日が通常であるが、最大7日までである。
感染者が他人へウイルスを伝播させる時期は発症の前日から症状が軽快してのちおよそ2日後までである。 症状が軽快してから2日ほど経つまでは通勤や通学は控えた方がよい。 A型インフルエンザはとりわけ感染力が強く、症状も重篤になる傾向がある。 まれにA型、B型の両方を併発する場合もある。

感染してウイルスが体内に入ってから、2日〜3日後に発症することが多いが、 潜伏期は10日間に及ぶことがある。子どもは大人よりずっと感染を起こしやすい。 ウイルスを排出するのは、症状が出る少し前から、 感染後2週間後までの期間である。

インフルエンザは、主に次の3つのルートで伝播する。 患者の粘液が、他人の目や鼻や口から直接に入る経路、 患者の咳、くしゃみ、つば吐き出しなどにより発生した飛沫を吸い込む経路、 ウイルスが付着した物や、握手のような直接的な接触により、 手を通じ口からウイルスが侵入する経路である 。 この3つのルートのうち、どれが主要であるかについては明らかではないが、 いずれのルートもウイルスの拡散を引き起こすと考えられる。 空気感染において、人が吸い込む飛沫の直径は0.5から5ミクロンであるが、 たった1個の飛沫でも感染を引き起こし得る。 1回のくしゃみにより40000個の飛沫が発生するが 、多くの飛沫は大きいので、 空気中から速やかに取り除かれる。

飛沫中のウイルスが感染力を保つ期間は、 湿度と紫外線強度により変化する。冬では、湿度が低く日光が弱いので、この期間は長くなる。

インフルエンザウイルスは、生体の外でも生存できるので、紙幣、 ドアの取っ手、電灯のスイッチ、家庭のその他の物品からも、 感染が起こり得る。
物の表面においてウイルスが生存可能な期間は、 条件によって異なる。プラスチックや金属のように、 多孔質でない硬い物の表面では、ウイルスは1〜2日間生存する。 乾燥した紙では、約15分間生存し、皮膚ではわずか5分間だけ生存する。 しかし、ウイルスが粘液の中にある場合は、この期間は長くなる。


感染予防対策
免疫力の低下は感染しやすい状態を作るため、 偏らない十分な栄養や睡眠休息を十分とることが大事である。 これは風邪やほかのウイルス感染に関しても非常に効果が高い。

石鹸による手洗いの励行や、手で目や口を触らないこと、 手袋やマスクの着用といった物理的な方法でウイルスへの接触や体内への進入を減らす。

新型インフルエンザに対する飛沫感染防止として医療機関では防塵性の高い使い捨て型の マスクが利用されており、一般にも用いられるが、 正しい方法で装着し顔にフィットさせなければ有効な防塵性を発揮できない。

2005年のCDCガイドラインでは、一般的な季節性インフルエンザに対しては 外科用マスク着用で対応可能とされている。 感染の可能性が考えられる場所に長時間いることを避ける必要がある。
人ごみや感染者のいる場所を避けるなど。予防にマスクを用いた場合は速やかに処分する。 換気をこまめに行う。空気清浄機などでも良い。 部屋の湿度(50−60パーセント)を保つ。これにより、 ウィルスを追い出し飛沫感染の確率を大幅に減らすことが可能である。

予防効果としてのうがいが有効である。
ウィルスは口や喉の粘膜に付着してから細胞内に侵入するまで20分位しかかからない ので人ごみから帰ったら即座にしなければうがいの効果は期待できないとする意見がある。

水道水によるうがいは有意に風邪の感染を減少させるという研究結果が発表されている。 この研究ではヨード液によるうがいは効果が見られなかった。

感染者が使用した鼻紙やマスクは水分を含ませ密封し、 小まめに廃棄や洗濯をする。感染者と同じタオルを使用しない。 感染者の触れた物をエチルアルコールや漂白剤などで消毒する。 ウイルスは日光や消毒薬に非常に弱いため、衣類に唾液・ くしゃみ等が付着したものからの感染は考えにくいが一応こまめに洗濯した方がよい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


鳥インフル、死者27人に=江蘇省などで増加―中国
台湾で患者を初確認=中国本土外に拡大、江蘇省で感染か―鳥インフル

インフルエンザ対策のマスクのショッピング
インフルエンザ対策のマスクのショッピング


加湿器のショッピング











監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved