セキュリティネットワークトップページ

感染病関連のリンク集


トップページへ>>


一戸建て住宅の防犯対策、防犯グッズの紹介
マンション、アパート防犯対策、防犯グッズ
女性の一人暮らしの防犯対策
お店、事務所の防犯対策、盗難防止対策
金庫の防犯と金庫泥棒対策リンク集
資材置き場、資材泥棒、金属泥棒、銅線泥棒事件
畑や果樹園、果物や米、野菜など農作物の盗難防止、防犯対策、害獣被害
お寺や神社、お堂の仏像など文化財の防犯対策、盗難防止
電話トラブル
個人情報のセキュリティ
戸籍、住民票のセキュリティ
詐欺事件
悪徳商法
郵便のセキュリティ防犯
カードトラブル
ATMのトラブル
ストーカー、痴漢
性犯罪のセキュリティ
子どもの安全
連れ去り事件
家庭内事故
PL法
住宅品質確保促進法
テロリズム
インデックス

エボラ出血熱
エボラ出血熱、またはエボラウイルス病は、フィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする急性ウイルス性感染症。 出血熱の一つ。ヒトにも感染し、50-80%という死亡率を持つ種類も存在する。人類が発見したウイルスの内で最も危険なウイルスの1つである。

傷口や粘膜にウイルスが入り込まないよう注意する必要がある。特に、人は自分の目や口や鼻を触りがちであるが、 それらに触らないよう気をつける必要がある。また、人の触るドアノブやスイッチやハンドルなどはウイルスが付着しやすいため、汚れを落とし消毒する必要がある。 手は石鹸を使って洗う必要があるが、無理な場合はアルコール分を60%以上含むハンドジェルも使用可能。

咳やくしゃみはエボラ出血熱の症状にないが、別の要因によって咳やくしゃみが起これば、感染する可能性があり、 長期間の1メートル以内の近接で感染リスクは中程度とされている。そのため、人ごみをできるだけ避け、 具合の悪そうな人への1メートル以内への接近はなるべく控えることが望ましい。 また、直接的接触(握手など)や屋内での長時間接触も感染リスクは低いとはいえ、なくはないので、できるだけ避けることが望ましい。 眼鏡やマスク(N95以上が望ましい)、手袋なども予防に使われているが、ウイルスの付着している表面には触らないよう注意が必要となる。

引用: ウィキペディア



<シエラレオネ>副大統領を隔離 エボラ出血熱で警護員死亡
アビガン臨床試験、一部でエボラ死亡率半減も
<エボラ熱>対策強化急ぐ 入国者水際チェック





監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング
監視カメラと録画装置、デジタルビデオレコーダーのショッピング。




Copyright securitynet.jp All rights reserved